MENU

モジュールとは | プログラミングやその他の意味

モジュール(もじゅーる)

英語:module
直訳:組み立てユニット

目次

モジュールとは

・パソコンの部品
・プログラミングのまとまった部分

モジュールの簡単な解説

モジュールは寸法や機能の単位として使われます。

英語のModuleを元にしたもので、意味としてはほぼ同じですが、様々な分野で若干ニュアンスが異なります。

パソコン用語としてのモジュールは、交換ができる構成要素という意味です。例えば、パソコンのCPUやハードディスク、マザーボードなどは部品単位で交換できます。これらはすべてモジュールと呼ばれます。

モジュールの種類

パソコン以外にも、モジュールという用語を使う場面は多くあります。

プログラミング

プログラミングでは、モジュールとは機能をひとまとめにしたパーツ(ファイル)のことをいいます。例えば、エクセルやワードで使用するプログラミング言語のVBA(Visual Basic Application)では機能のひとまとまりをモジュールという単位で作成します。

VBAでのモジュール

モジュール化

プログラミングでよく使われるモジュール化は、特定の機能を分割して別の集まりにまとめることです。モジュール化しておくと、プログラムが見やすくなったり、後から修正がしやすくなります。

大きな機能をモジュール化する例

工業業界

工業製品のモジュールもパソコン用語と同じく、交換できる構成要素という意味になります。

例えば自動車の部品や、規格化された交換可能な部分としてモジュールが使われます。自動車以外の多くの工業製品でも同じように使われています。

建築

建築分野でのモジュールは寸法のことを意味します。

例えば日本では伝統的な建築の寸法として、尺という単位がありますが、これを尺モジュールと言います。最近ではメートル法を基準としたものが主流になりつつあり、こちらはメーターモジュールと呼びます。

歯車

歯車でのモジュールというと歯の大きさを表すのに使われます。

歯車は別の歯車と噛み合うことで、動力を伝えていく工業部品で、様々なことに使われています。歯車の直径を歯の数で割った数値が、モジュールになります。

仮に直径が100mmとして、歯の数が10枚とするとモジュール10mmと表現します。

参考:歯車のピッチとモジュール – モノタロウ

まとめ

モジュールとは、簡単にいうと部品のことです。パソコンやプログラミングなどで若干ニュアンスは違いますが、総じて部品のことと覚えておけばいいでしょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる