MENU

エクスポートとは | 意味や使い方を簡単に解説

エクスポート(えくすぽーと)

英語:export
直訳:輸出する

目次

エクスポートとは

  • 別のソフトで使えるようにデータを抜き出すこと
  • 別のファイル形式に出力すること
  • CSVやPDFなど汎用的な形式で出力できることが多い

エクスポートとは、主にパソコンで使われる用語で「データを出力する」という意味です。

元は英語のExport(エクスポート)で、外へという意味のExと港を意味するPortを合わせたもなので、本来は輸出という意味で使われます。

この対義語として使われるのがImport(インポート)で、こちらは輸入を意味します。インポートはデータを読み込むことで、CSVなどの生データを別のソフト同市でやり取りします。

インポートとエクスポートは、2つで1つの言葉なので、合わせて理解しておくといいでしょう。

インポートとエクスポートの仕組み
インポートとエクスポートの仕組み

エクスポートの詳細な意味

エクスポートやインポートは、主にウェブブラウザやメールソフトなどで使われます。

ウェブブラウザではお気に入りや、設定などを読み込むために使用します。メールソフトではアカウントの設定や連絡先などの情報を、エクスポートすることで他のパソコンでも利用できるようになります。

ブラウザでのインポートの例
ブラウザでのインポートの例

このようにエクスポートでデータを外部出力し、インポートでそのデータを読み込むのがセットになります。

エクスポートされるファイルの種類

エクスポートは、他のソフトでデータを活用する目的があるため、CSVやTXTといった汎用的なファイル形式で出力されることが多いです。

ソフトウェア独自の出力形式だと、同じソフトウェアでしか読み込みができないため、他のソフトウェアにインポートしたくても、形式が異なることでインポートができなくなります。

また場合によっては同じソフトウェアでも、バージョンが違うとインポートできないケースもあります。そのためできるだけ汎用的な出力形式でエクスポートできるようになっています。

エクスポート機能のあるソフト

エクスポート機能があるソフトは多くありますが、その中でもメールソフトやエクセル、ワードなどが有名です。

エクセル

エクセルでは、ファイルメニューのエクスポートから現在開いているファイルをエクスポートすることができます。エクスポートできる形式は、旧形式(.xls)、オープンドキュメント形式(.ods)、テキスト(.txt)、CSV(.csv)などです。

エクセルでのエクスポート
エクセルでのエクスポート

ワード

ワードでエクスポートする方法もエクセルと同じです。ファイルメニューから、エクスポートを選んでエクスポートしたい形式を選びます。エクスポートできるファイルは旧形式(.doc)、オープンドキュメント形式(.odt)、テキスト(.txt)、リッチテキスト形式(.rtf)などです。

ワードでのエクスポート
ワードでのエクスポート

メールソフト

OutLookやThunderbirdなどのメールソフトにもインポート/エクスポートの機能が標準で備わっています。使い方は、ファイルメニューから、開く/エクスポートを選びます。

メールソフトのインポート/エクスポート
メールソフトのインポート/エクスポート

開くメニューに表示された「インポート/エクスポート」を選択することでウィザードが開きます。

メールソフトのエクスポート形式の一覧
メールソフトのエクスポート形式の一覧

エクスポートとダウンロードの違い

エクスポートに似た言葉として、ダウンロードがあります。語感は似ていませんが、パソコンにあまり詳しくない人だと勘違いをするケースもあります。

ダウンロードとは、インターネット上のサイトなどから、ファイルをコピーすることだと考えてください。これはパソコンだけではなく、スマートフォンでも同じです。

エクスポートはソフトウェア間のデータのやり取りをするために使うものであり、ダウンロードと似ています。しかしダウンロードは、インターネット上にあるファイルなどを、自分のパソコンやスマホにコピーするだけです。

関連用語

インポート

参考リンク
エクスポート e-Words

まとめ

エクスポートとは、ソフトウェアから別のソフトウェアにデータを写したいときに汎用的な形式でファイルを取り出すことです。別のソフトに移行せずにファイル形式を変更するだけでもエクスポートと呼ぶこともあります。

エクスポートのやり方は、各ソフトによって異なりますが、ほとんどのソフトがファイルメニューか、設定メニューからエクスポートを選べるようになっています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる